Main Themes      /      Specific Themes      /      Events


The year 2014 marks the twentieth anniversary of the Zapatista uprising. On January 1, 1994, on the effective date of the North American Free Trade Agreement (NAFTA), the Zapatista National Liberation Army, composed of poor indigenous peasants in the southern state of Chiapas, Mexico, took arms criticizing the neoliberal global order. Observers at the time were surprised at the Zapatistas’ information maneuvers—i.e. sending out their messages from the Chiapas jungle to all over the world via internet—and called the uprising as “the first postmodern revolutionary movement” or “the first twenty-first century social movement.” The Zapatistas captured the worldwide attention when they advocated the respect for indigenous people’s rights and culture and democracy as values alternative to neoliberalism.

Today, twenty years after the uprising, the processes of globalization—rapid and massive movement of people, goods, money, information, and services across national borders—have been broadened and deepened, as shown by the ongoing Trans-Pacific Partnership negotiations. At the same time, much like the Zapatistas twenty years ago, a variety of social groups from different regions of the world have raised voices against neoliberal globalization and instead tried to construct a society based on different values and visions. One typical example is the World Social Forum, which came into being in Porto Alegre, Brazil, in 2001 with its slogan, “Another world is possible.” The Arab Spring (a series of large-scale anti-government demonstrations and protests in the countries in the Middle East and Arab regions starting from Tunisia in December, 2010) and the Occupy Movement (a series of occupations of public spaces beginning at the Wall Street, New York City, in September, 2011) are also the challenges to the existing global order and are still fresh in our minds.

In our conference and workshops, we will explore whether or not such “another world is possible.” Building upon the leading-edge research on social movements and civil society organizations that have emerged around the world during the past twenty years, we will tackle the following research questions: What kind of society based on what alternative values do these social movements and organizations attempt to establish? What are the potentials and limitations of these movements and organizations? Is it possible to bring about “another world” as an alternative to neoliberal global order? 

Each social movement has its own vision of the “another world” depending on its specific political, economic, and social circumstances. In order to grasp such variations in the visions of a better world, it is desirable to bring together specialists of a variety of world regions. A unique characteristics of our conference and workshops is to invite academics in a variety of research fields, such as globalization, democracy, regime change and democratization, civil society, social movements, revolution, labor studies, and development, in order to compare social movements emerging from different parts of the globalized world, to understand the variations in the visions of the future and democracy, and to explore the possible future of the post-neoliberal twentieth-first century.
2014年は、サパティスタ武装蜂起20周年にあたる。1994年1月1日、北米自由貿易協定(NAFTA)の発効日に、メキシコ南部チアパス州の貧しい先住民農民を中心とするサパティスタ民族解放軍が、新自由主義的なグローバル秩序を批判して武装蜂起した。都会から遠く離れたチアパスのジャングルからインターネットを介してメッセージを世界に発信する手法は、「21世紀型社会運動」、「最初のポストモダン的革命運動」などと称され、新自由主義(neoliberalism)に代わる価値観として先住民の権利・文化の尊重や民主主義を提唱する姿は世界的な注目を浴びた。

それから20年が経った今日、TPP交渉にもみられるように、人・物・金・情報・サービスが国境を越えて急速かつ大量に移動するグローバル化の過程は一層進展している。その一方で、世界各地の様々な社会集団が、20年前のサパティスタのように、新自由主義とは異なる価値観に基礎を置く社会の構築に向けて声を上げてきた。2001年にブラジルのポルト・アレグレで、「もう一つの世界は可能だ(Another world is possible)」を合言葉に発足した世界社会フォーラム(World Social Forum)はその顕著な例である。2010年12月のチュニジアでのジャスミン革命を端緒として、中東・アラブ諸国で生じた一連の大規模な反政府デモや抗議行動(「アラブの春」)や、2011年9月にアメリカ合衆国ニューヨークのウォール街で始まった「Occupy Wall Street」運動も、既存の秩序への挑戦として記憶に新しいものである。

この会議の主要なテーマは、サパティスタ蜂起以降の20年間に世界各地で出現した社会運動や市民社会組織に関する最新の研究成果をもとに、これらの運動や組織が提唱する新しい価値観に基づく社会とはどのようなものなのか、これらの運動や組織の可能性と限界はどこにあるのか、そして、新自由主義的グローバル秩序にかわる「もう一つの世界」は可能なのかどうかを探求することである。

各社会運動が抱いている「もう一つの世界」のビジョンは、それぞれが直面する政治・経済・社会状況によって大きく異なっている。この多様性を理解するためには、様々な地域の専門家を招き、その知見を結集して取り組む必要がある。この会議の画期的な特徴は、グローバリゼーション研究、民主化・民主主義研究、市民社会研究、社会運動研究、革命研究、労働問題研究、開発学等の様々な分野の専門家を世界各地から一堂に集めてグローバル化時代の社会運動を比較検討することで、この多様性を理解し、21世紀のポスト新自由主義時代の社会の可能性を把握しようとする点である。

今回このテーマを探求する理由は、その今日的な重要性にある。グローバル化によって技術革新や経済成長を享受してきた世界の多くの人々は、市場の重要性を認めると同時に、2008年のリーマン・ショックやその後の世界的金融危機などの危うさや、貧富の格差の劇的な拡大、雇用の不安定化などの不安も抱いている。これらの市場中心のグローバル化がはらむ負の問題を指摘し、新たな社会の在り方を提案してきた様々な社会運動や市民社会組織を取り上げて、21世紀の世界が進むべき方向を模索することは、今日的に非常に重要なことだと考える。そして、ほかでもない東京大学が、世界各国の研究者や学生を集めてこのような重要な問題について議論する会議を主催することに大きな意味がある。